一人遠征って実際どうなの?メリット・デメリットや過ごし方を解説♡

徐々にコロナウイルスの感染予防をした上での2.5次元舞台も増えて来て、前の通りに戻ったとは言えませんが地方での公演も増えて来ましたね♪

当然「コロナ対策を十分にした上で」を前提にですが、こんな時だからこそ一人遠征を考えている方もおられるのではないでしょうか。

普段はお友達やグループでの遠征をしていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

「一人で遠征したことないし、不安しかない…」というそんな方のために今回は一人遠征のメリット・デメリットや気を付けておきたいポイントをご紹介していこうと思います。

管理人

ちなみに私は9割方一人での遠征です♡

「見に行きたい公演があるけど…」という方の参考になれば嬉しいです♡

その前に♡一人遠征でも浮かない?

メリットデメリット…のご紹介の前に、恐らく一番気になるポイントを♡

遠征に慣れている方でも、一人で…となると気になるのが「浮かない?」というポイントではないでしょうか。

推しのジャンルや遠征先の地域にもよるかと思いますが、2.5次元舞台の場合は一人で来場なさる方も多い印象です。

劇場で浮くことはまずないかと思います。

道中についても、休憩のカフェや移動の新幹線や飛行機…様々な場面で「お一人様」だからという理由で浮いているという思いをしたことは少ないです。

正直「せっかくだからご当地のグルメを楽しみたい!」と高級な飲食店へ行こうとしたり、温泉旅館に泊まろうとすると浮いていることはあります。

管理人

ですが、それは一部の特殊な事例。

ビジネスホテルや通常の移動では平日・休日どちらでも出張や旅行で一人の方はいらっしゃいますし、御一人様向けの旅行プランもたくさん存在しますよ♪

 

一人遠征のメリット

早速ですが一人遠征のメリットから解説していきます。

 

自分の好きなプランで予定を組める

まず最初に言えることは、自分の好きなように予定を組むことができる点です。

誰かと一緒の遠征の際、「コストと時間どちらを大切にする?」「●●への予算はいくらまで?」など、様々な疑問がつきもの。

お友達との遠征はもちろん楽しいものではありますが、人それぞれの価値観や金銭感覚というものがありどうしても気を遣わねばならないもの…。

一人遠征の場合、「この新幹線や飛行機で時間大丈夫かな?」「ホテルの予算ってこれくらいで気にしないかな?」というようなお悩みから解放される、というところです。

いくら仲の良い友人であろうと、勝手に全てのスケジュールを決めてしまうわけにはいきませんし、逆もしかり。

管理人

コロナ禍の現在は直接会っての打合せが出来ず、予定を組むのも中々難航するかと思います。

私は一人遠征で時間があるなら、「疲れたらこのプラン」「元気があればこのプラン」と数パターンのプランを組んで現地へ向かいます。

特に公演時間の変更等も頻繁に起きている現在。

臨機応変に予定変更ができるのは、一人遠征だからできることです♡

 

よりその作品自体にどっぷりと浸かることができる

一人遠征の場合、1人で観劇を堪能した後は宿泊するホテルでパンフレットを見たりブロマイドを眺めたり…と静かに過ごすことが出来ます。

シリーズものの作品でしたら、VODや持参したDVDで過去作品を観ながら考察を深めることもできます。

誰にも邪魔されることなく思い返すもよし、考察するもよし、というわけです♡

 

感染リスクへの対策

またこのご時世のため、大人数での遠征は難しくなっています。

管理人

お友達の職場制限などで、声をかけずらくなった方もいらっしゃるかもしれませんね。

当然、一人遠征の場合でもマスクなどの感染対策は万全にしなければいけません。

ですが日々状況が変わるコロナ禍において予定変更や、観劇後の行動面でも一人遠征の方が安心できる機会は多いかと思います。

 

一人遠征のデメリット

 

観劇後の寂しさ

デメリットは、やはりこれに尽きます。分かち合える同志がいないため寂しい…。

観劇はその世界観にどっぷり浸かることも楽しみの1つですが、「その想いを共感する同志がいる」というのが更に楽しむことが出来る要素でもあります。

一人遠征ですと出発から到着までずっと孤独なため、どんなに語り合いたい公演内容であっても静かに一人噛みしめることしかできません…。

ですがもちろんこれには解決策もあり、ホテル等の宿泊施設で友人とビデオ通話やSNSを通してコミュニケーションを取れば距離の遠さはあれど気持ちの近さは変わりません。

管理人

私も遠征先ではよく友達との通話で考察をしたりしています。

寂しさも紛れますし、一人だと寂しい…と思い悩んでおられる方がいれば、自分が遠征する日程を事前に伝えておけばその興奮を分かち合うために連絡をとれば解決しますよ♡

管理人

行く公演によっては、ライブ配信組の友達と同じ公演の感想を話し合うこともできます♡
 

事前の準備が大切

遠征と言っても、大きく分けて2つの種類があります。

  1. 地方から東京・大阪等の都心部への遠征
  2. 都心部から地方への遠征

地方から都心部へ遠征されるのであれば、だいたい皆さん劇場付近にお泊まりになるかと思います。

食事は配達式のお食事であったりコンビニであったりで購入し感染リスクを避けた方法をとることが出来ますよね。

ですが、地方によっては劇場付近であっても配達式の食事が不可能であったりコンビニが遠かったりとなにかと便利が悪いことがしばしば…。

一人遠征は全て自分で責任を持って行動せねばなりません。

遠征前にしっかりと宿泊所付近の情報は調べておきましょう。

【舞台観劇】女子向け遠征先ホテルの選び方♡100回以上遠征した観劇オタクが注意点もご紹介!  

一人遠征の過ごし方

コロナ禍でない時、そして現在とで遠征期間中の過ごし方も変わってきたことかと思います。

現在は交通手段も極端に本数が減っており、終演時間と移動時間にかなりの時間があいてしまうことがあります。

管理人

変動の激しい公演時間に対応するため、早めに現地入りしたい…という方もいらっしゃるかと思います。

1人だと時間潰しにも限りがありますし、そもそもうろうろして大丈夫かなぁ…という不安もありますよね。

そんな時におすすめなのがホテルのデイユースです。

デイユースとは

ビジネスホテルなどを昼間に日帰り利用できるプランのこと。

最近は短い時間から12時間ほどの長時間のプランまで、ホテルによって様々なプランが出ています。

夜行バス前にはシャワーを浴びたいですし、終演後の飛行機だと家にたどり着くのも遅くなってしまい翌日の予定のためになるべく早く就寝につきたいですよね。

ホテルのデイユースなら1人ゆっくりと過ごしつつシャワーを浴びたりとすることも可能です。

最近だと格安でのデイユースプランも沢山ありますので、気になる方は是非調べてみてください♪

デイユースは、楽天トラベルやホテルの公式サイトから確認できますよ♡

 

変わりゆく遠征スタイル

これまでの遠征は友人と楽しく観光したり、その土地の美味しい名産を食べたりと観光も兼ねて行く方が多くおられたことかと思います。

しかしそれも叶わぬご時世となってしまい、でも推しを観たい…!と願う方も多くおられますよね。

舞台公式でも様々な感染予防対策をたてられており、観劇前にご自身の個人情報を登録したり入場前に発熱確認をされています。

1人で遠征してるから大丈夫!と過信せずに、1人だからこそご自身の行動に責任を持ちつつ楽しい観劇となるよう1人1人が気を付けていきましょう!

「気になったけど、まだ自分には難しいかも…」そんな方には、ライブ配信もおすすめです。

依然は限られた作品だけで行われていたライブ配信ですが、最近はぐっと幅が広がり様々な作品で行われるようになってきました。

DMM動画では2.5次元舞台のライブ配信が多く、アーカイブが配信されている作品も♡

シリーズ作品がある場合は予習にもなりますし、併せて確認してみてくださいね。

遠征の持ち物って?女子の推し活にあると便利なアイテムをご紹介♡ 【完全保存版】2.5次元舞台のライブ配信とは?どうやって見るの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。