ライブ配信の全景とスイッチングって?何が違うの?おすすめは?

新型コロナウィルスの影響もあり、ライブ配信が行われる公演もぐっと増えた2.5次元舞台。

チケット争奪戦でも知られる2.5次元舞台ですが、中には全日程の公演をライブ配信してくださる作品も登場しており観劇の機会も身近なものとなってきました。

管理人

遠征が中々できない方にも、仕事などの事情で劇場へ行けない方にも嬉しいことですよね。

いざ配信を購入!と公式サイトを見ていると、時折頭を悩ませることとなるのが配信の方法です。

よくあるライブ配信の方法
  • 全景映像
  • スイッチング映像

普段観劇を趣味になさってる方でも、配信や円盤を購入する機会がなければあまり耳にしたことのない言葉かもしれませんね。

管理人

「どっちを選んだら良いのかわからない!」という方や、そもそも「全景映像とスイッチング映像ってなに?」という疑問もあるかと思います。

今回はそれぞれの説明と、個人的に思うそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います♡

 

よくあるライブ配信の方法は2通り

公式サイトにも特に記載がなく1つの方法でしか行われないケースも多々ありますが、公演規模の大きな作品の場合などでは「全景映像」と「スイッチング映像」の2つのライブ配信が行われることも。

 

全景映像とは

全景映像とは舞台上の全体の映像が収録された映像のことを指します。

管理人

定点・定点映像と呼ばれることもあります♡

 

スイッチング映像とは

ストーリー上で重要なシーンをアップに映し出された映像を指します。

管理人

DVDやBlu-rayに収録されているようなものを想像すれば分かりやすいかと思います♡

全景の方は文字通り…ではありますが、普段見慣れているスイッチングの方は耳では聞きなじみがあまりないかもしれませんね。

どちらにもメリット・デメリットがあります。

両方購入するのが一番ですが、あの作品も気になるしこの作品も…といくつも見たい作品があると、そうもいきません…。

管理人

ここからは、私の思うそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます♡

 

全景映像のメリット・デメリット

舞台を隅々まで♡

メリットは何と言っても、舞台全体を余すことなく見ることができる、という点です♡

DVDやBlu-rayの映像は、基本的にどこかしらがアップに切り取られている映像ですよね…。

アンサンブルキャストさんや、プリンシパルキャストでも「推しがどこにいるのかがわからない」というシーンがどうしても生まれてしまいます。

2.5次元作品の「アンサンブル」って一体なに?釣本南さんや梅津瑞樹さん、田村心さん…実はあの人もアンサンブル出身♡

管理人

あと1m寄せてくれれば推しがいるのに…!そんなモヤモヤは円盤あるあるですよね

その点、全景映像はずっと舞台全体を映してくださっています。推しがどこにいるのかが常にわかるというわけです!

観劇前の予習に♡

また冒頭でも触れた通り、最近では全公演配信があったり1つの作品で複数回配信があることも。

実際に観劇する前に全景映像で推し位置をチェックしておけば、客席から観る時の予習にもなります♪

物語の展開だけでなく、どのシーンでどんな風にキャストさんが登場するか・どんな立ち位置にいるかが分かるので、全景映像でなければ分からない背景があることも!

表情など、見えにくい箇所も…

デメリットは、残念ながら表情の機微どころかキャストさんの顔の識別すらあまり取れないという点です…。

もちろん衣装やウィッグ等でどこにどなたがいるのかはわかりますが、どういう表情をしていたかまではわかりません。

管理人

演出によっては光の反射で全体が見えにくい時もあったり…。

 

全景映像のまとめ
  • 全体の把握や、観劇前のざっくりした推しの位置情報ゲットのためには全景映像はおすすめ
  • キャストさんの表情までしっかり見たい時は不向き

私個人で言えば、複数回ライブ配信が行われる作品や観劇予定の作品は初日に全景映像を選ぶことが多いです♡

この他にも、推しがアンサンブルの場合はスイッチング映像と併せ必ず全景映像も購入しています。

 

スイッチング映像のメリット・デメリット

作品そのものの面白さはダントツ♡

まず、ストーリーの把握のしやすさはスイッチング映像が断トツかと思います。

作品を制作してくださっている側が、その作品の魅力が最大限伝わるように思考を凝らし選ばれたシーンです。

そのためその場面その場面での重要部分がアップで抜かれています。

管理人

原作をあまり知らなかったり、舞台観劇初心者の方にはスイッチング映像がおすすめです。

ストーリーを把握できるのもスイッチング映像♡

先ほど全景映像の説明で「全景映像でなければ分からない背景があることも! 」と書きましたが、ストーリーを把握しやすいのはスイッチング映像です。

シーンごとでのキャストさんの細かな表情や、物語の要となる部分を映してくださるので観劇未経験の方でも世界観に入り込みやすいですよ♡

また、アップで見てみるとこのキャストさん気になるかも…?という新たな推し発見に繋がることも!

推しだけを見る、ができない…。

デメリットとしては、メインの場所ばかりが映るのでずっと誰か1人を見続けることができないこと。

推しキャラや推しキャストさんがいらっしゃる場合、シーン的にメインどころではなくとも推しが一体どんな表情・演技をしているのかが聞きなるところ♡

スイッチング映像はストーリーの鍵となる部分を切り取ってしまうので、そこから外れている場合シーンによっては推しが舞台上にいるのにほぼ映らない…なんてことも。

スイッチング映像のまとめ
  • ストーリーの全体を掴みたい、キャストさんの表情までしっかり見たい!という方に特におすすめ
  • 推しの出番でも、推しが映らないことがある

 

これから増えて欲しいシステムも…

そして最近では、2.5次元舞台としては珍しいシステムが導入された配信もありました。

それが「メインカメラ配信」

簡単に説明すると、1人のキャストさんをひたすらに映し続けるという配信です。

アイドルなどのジャンルでは「推しカメラ」なんて呼ばれたりもしていますが、キャストさんのファンの方にはかなりありがたいシステムですよね♡

管理人

全ての作品であるというわけではなく、まだまだ珍しいシステム。これから増えていってくれると嬉しいですね…!

 

結局おすすめは?

劇場での観劇、円盤それぞれに良さがありますし、ライブ配信にはライブ配信にしかない良さがあります。

中には円盤ではなかなかあり得ない映像も♡

その一つが、「配信限定の特典映像」です。

毎回必ずついてくるというわけではありませんが、終演後の様子であったり、インタビューであったりと他では見られない映像となればやはり気になりますよね!

この他にも、グッズ付きのライブ配信やプレゼントキャンペーンのあるライブ配信など…観劇の時とはまた少し違ったワクワクが楽しめるのも、ライブ配信のメリットかと思います。

個人的には、余裕があったり余程好きな作品であればパックになっている全景・スイッチング双方を購入しています。

管理人

推しがアンサンブルキャストの時も、なんだかんだで両方を購入しています。

ですがやはり、全ての作品どちらも購入しているとお財布的は辛いところ…。

そういう時はよりストーリーが把握しやすいスイッチング映像のみを購入するようにしています。

「推し作品の公演前に全景映像がどんな見え方か観てみたい…」という方は、全景映像はDVDなどの特典映像に収録されている作品もありますよ♡

他の作品の円盤をいきなり買うのは…という時は、過去作品のアーカイブ映像もおすすめ!

2.5次元舞台はアーカイブ配信がされている作品も多く、全景映像だけでなく過去シリーズの予習もお家から手軽に確認できます。

皆さんも様々な配信をうまく利用して、より快適な推し活をしていきましょう♪

【完全保存版】2.5次元舞台のライブ配信とは?どうやって見るの? 遠征の持ち物って?女子の推し活にあると便利なアイテムをご紹介♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。